ニュースリリース

「paizaラーニング」が、日本e-Learning大賞で「ICT CONNECT21会長賞」受賞

ギノ株式会社は、ITエンジニア向け総合求職・学習サービス『paiza(パイザ)https://paiza.jp』にて提供しているプログラミング動画学習サービス「paizaラーニング https://paiza.jp/works」が、第16回日本e-Learning大賞にて「ICT CONNECT21会長賞」を受賞いたしましたので、お知らせいたします。

■日本e-Learning大賞、およびeラーニングアワード2019について
「第16回日本e-Learning大賞」(日本工業新聞社、および一般社団法人e-Learning Initiative Japan主催)は、企業・学校・自治体などにおけるeラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中から特に優れたものを選出するアワードです。教育をテーマとした賞として、経済産業省、文部科学省、厚生労働省、総務省の4つの大臣賞が付与される大変希少なものとして注目されており、今回も国内有名企業や大学などから80件のエントリーがありました 。

※「日本e-Learning大賞」の各賞はこちらよりご覧ください。
https://www.elearningawards.jp/award-winner/

■paizaラーニングが受賞した「ICT CONNECT21会長賞」について
「ICT CONNECT21会長賞」は、情報通信技術を活用して教育をより良くしていこうという意思を持つさまざまなステークホルダーが集まるオープンな場を提供するとともに、格差なく誰でも、いつでも、どこでも生涯を通じて学べる学習環境作りに取り組み、教育の情報化の一層の進展に寄与し、社会の発展に貢献することを目的とする一般社団法人「ICT CONNECT21」による団体賞です。

paizaラーニングは、一般会員向けのプログラミング学習サービスのほか、企業研修として活用できる「paizaラーニングfor TEAM」、小学校から大学、専門学校生が完全無料で利用できる「paizaラーニング学校フリーパス」を提供していることなどが高く評価されました。

なお、2018年の第15回 日本e-Learning大賞での日本電子出版協会会長賞に続いて、2年連続での受賞となります。

■paizaラーニングとは

プログラミング未経験者や初心者向けのプログラミング学習サービスです。動画を使ってプログラミング言語(Java,PHP,Python,Ruby,JavaScriptなど)やWebサービス構築を手軽に学ぶことができます。2019年11月現在、1000本以上の学習動画を公開しています。従来の学習で大きなハードルとなっていたプログラミング環境の構築が不要で、Webブラウザでサイトにアクセスするだけで学習をスタートできます。

学習内容は「paiza」の転職・就職サービスにおいて企業からニーズの高い、“現場で本当に求められる”実務ベースのカリキュラムです。当社の「paiza転職」「paiza新卒」サービスと連携しており、「paizaラーニング」を使ってスキルアップすることで、企業からスカウトを受け取ることができます。プログラミング未経験者・初心者が、「paizaラーニング」で学習後にITエンジニア職として企業への就職、転職を果たした例も多数あります。さらに、東京工科大学との産学連携を筆頭に、教育機関や企業でのプログラミング教育にも利用されており、高い学習効果をあげています。

Pickup Contents