インタビュー デザイナー

ユーザーにとっていいデザインとは何かを常に考える コンテンツ企画部 / デザイナー

高校卒業後は専門学校で4年間、ポスターやフライヤーなど主に紙のグラフィックデザインを学びました。ただ、新卒で選んだのはWebデザイナー職です。企業向けのECサイトを運営しているベンチャー企業に入社しました。説明会でBtoB向けのサイトのデザインをやっていると聞き、これまでにあまり想像したことがない分野だったのでそれが新鮮で面白そうだなと感じたんです。そこに可能性を感じて紙からWebに転向しました。業務の中でWebデザイナーとしての基礎を固めていきました。
その後、BtoCビジネスでのデザインもやりたいと感じ、不動産サイトの更新業務を専門にしている会社に転職。そこでWebデザイナーを経験したあと、ギノにデザイナーとして入社しました。

それまでに働いていた会社は、2社ともすでに大きくなっているサービスを扱っていて、かなりきちんとしたレギュレーションのもとでデザインをすることばかりでした。オペレーション化されていたので、作っていて本当にこれがユーザーのためになっているデザインなのか見えにくい環境だったんです。経験を積むにしたがって、少しずつ「ユーザーにとっていいデザインとは何かを自分の頭で考え、一からデザインができるところでチャレンジがしたい」と思うようになっていきました。転職を考え始めたのはそれからです。

Webも紙もできるデザイナーでありたい

今回の転職では自社サービスをやっていて、裁量が大きそうな会社を軸に探していました。受託業務メインのデザイン事務所などは今回候補から外していました。
いくつかの自社サービス企業の面接に臨むなかで、ギノの「日本のIT/WEBエンジニアを 世界レベルに引き上げる」というミッションを聞き、高い目標を掲げているこの会社なら、自分もチャレンジできそうだと思えたので、入社を決めました。
入社してみると、とにかく裁量の大きさに驚きました。入社して3カ月で新コンテンツページのデザインを一から担当させていただくなど、これまでにはなかったレベルの業務ばかりです。弊社では社員としてのデザイナーがまだ多くないので責任も重大ですが、いいチャレンジができていると思います。

Webデザインは作ったものの反応がすぐに数字に表れるので面白いです。特に今はユーザーにとっていいデザインなのかを常に考えながら作ることができていて楽しいですね。paizaはBtoBtoCのサービスなので、使っていただく会員の方はもちろん、求人票を掲載している企業様にも満足してもらえるような使いやすいデザインにしていかなければなりません。BtoB向けのデザインの経験とBtoC向けのデザインの経験の両方が生かせるフィールドでとてもやりがいを感じます。
仕事では「オペレーション化しないこと」に気をつけています。デザインの専門じゃない人から指示書やワイヤーフレームがあがってくるわけですから、それを鵜呑みにせず、「本当にこの通り作っていいのだろうか」と考えながらデザインしています。必要があれば別のデザインを提案しますし、直接企画者に目的をヒアリングして調整することもあります。ありがたいことに周りの人も自分の姿勢を理解し協力してくれているので、いいものを作るために全力で取り組めています。
フライヤーや販促物などWeb以外のデザインに関われているのも楽しいです。大きい会社だとそれぞれに担当がいるのが普通ですから。Webも紙もできるデザイナーでありたいと思っているので、今はとても環境に恵まれていると感じます。

デザイン面からpaizaのブランディングに貢献していければ

デザイナーとして、デザイン面からpaizaのブランディングに貢献していければと思っています。みんなが使いやすく、継続的に使いたくなるようなサイトになるようにUIデザインなども変えていきたいですね。
そして今後もずっとデザイナーでありたいです。いずれは企画の発案などにも手を広げつつ、軸足はデザインに置きながらチャレンジし続けたいです。

デザインは移り変わりのスピードがとても速いので、トレンドを柔軟に取捨選択し、変化を楽しめる人であってほしいと思います。paizaというサービスをデザイン面からどうやってよくしていくか、一緒に考えたいですね。
自分もまだまだで、実際に公開し数字を見て、初めてデザイン面の問題に気付くときもあります。ですから、もっとデザイナーにご入社していただいて、チームとして今まで以上に精度の高い判断ができるようになれるといいなと思います。お待ちしています!

Pickup Contents