インタビュー セールス

エンジニアを世界レベルにしていく力になりたい リクルーティングアドバイザー

大学では農学を学び、大学院にも進みました。しかし、続けるうちに研究者タイプではないと気付き自主退学。農業に関わる仕事も選択肢にありましたが、もともと人と接することが好きだったので、それを生かせる仕事として営業職を選びました。不動産登記情報の営業を3年ほどやったあと、ギノに転職しました。

前職は営業職ではあったもののどちらかというと販売職寄りで、顧客に商材を売るまでで完結することがほとんどでした。顧客と長く関係性を築く機会もあまりなく、「自分の仕事が社会に貢献できている」という実感があまり持てなかったんです。さらに不動産登記情報の販売という事業分野にも成長性を感じることができなくなり、転職しようと決めました。

今は自分の成長が仕事の質に直結する

今回の転職では、「顧客と長く・深い関係を構築できるポジション」を求めて応募していました。さらに、面接を受けるうちに、「きちんと役割が決まっている大手企業よりもいろいろなことに関われるベンチャー企業のほうが自分に合っている」と感じ、次第にベンチャー企業を中心に受けるようになりました。
ギノに決めた一番の理由は「日本のITエンジニアを世界レベルに引き上げる」という大きなミッションにワクワクしたからです。もともと入社前からWebは好きでIT企業に興味は持っていましたし、エンジニアの人たちへのリスペクトもあったので、彼らを世界レベルにしていくための力になれればいいなと思いました。
入社してみると、期待通りこれまでの営業のスタイルとはまったく違いました。paizaのサービスは、契約してもらうことよりもそのあとに使ってもらえるかが大切で、カスタマーサクセスの視点が強く求められるようになりました。企業との関係構築の重要さも格段に増しましたし、希望がかなってとても満足しています。

自分でデータを見ながら仮説検証し、顧客企業への施策に落とし込んでいく作業はこれまでほとんど経験がなかったので難しいですが、とてもやりがいを感じます。今はやっと「なぜ採用がうまくいかないのか」「どうすれば彼らの課題を解決できるか」まで考えて施策を提案できるようになってきました。企業から「採用ではpaizaを頼りにしている」と言ってもらえたときは、何よりもうれしいですね。
最近は「もっとエンジニアのことを知らなければ正しい判断ができない」と感じて、自分でもプログラミングの勉強をしています。現在、paizaで提供している「paizaラーニング」を使って勉強していて、プログラミングスキルチェックでCランクの問題が解けるくらいにはなりました。プログラミングの基礎が分かるようになったおかげで説明の幅が広がりましたし、それまで以上に相手が求めていることも理解できるようになりました。企業からも技術が分かる営業だと信頼していただけるようになったと思います。
さらに、分析能力を高めたいという思いから、データベースの勉強も進めています。今は自分の成長が仕事の質に直結するので、やりがいを感じながら仕事も勉強もできています。

デファクトスタンダードのサービスを目指します

プログラミングができる営業として、エンジニアよりもエンジニアのことを理解できる営業になりたいです。使っていただいている企業の成長に少しでも貢献したいと思います。エンジニア採用といえばpaizaと言われるような、デファクトスタンダードのサービスを目指します。

今は常にトレンドが変わる時代なので、変化に柔軟に対応できる人が活躍できると思います。特に弊社の営業チームは、さらなる成長のために今まさに再構築をしているところです。チームの一員として、その変化を一緒に楽しみ、新たな目標に向かって協力してくれる人だといいなと思います。
あとは、繰り返しになりますが、弊社の営業はカスタマーサクセスの視点が求められる仕事です。顧客企業と長く関係を構築し、的確な分析と適切な施策を提供するのは、時にとても難しいですが、だからこそうまくいったときの喜びは格別です。そこに魅力を感じられる人であれば、この仕事は向いているのではないでしょうか。

Pickup Contents