インタビュー エンジニア


メーカー本社に行くよりもソフトウェア開発に関われると判断して前職を選んだのですが、実際入ってみるとSIerで求められるのはマネジメントや顧客との折衝能力で、作れる人は評価が低かったのです。時とともに開発現場からの距離もでてきて、自分としてはもっと開発をやっていきたかったし、新しいことをやろうとしても前例がないとできないケースも多く、30歳を目前にして転職を考え始めました。

自身の成長はサービスの成長にも繋がる

前職でそのままキャリアを伸ばしていくのか、転職をしてITエンジニアとしての幅を広げるのか迷っていました。もし転職をするのであれば自身が強く感じていた「日本のITエンジニアの環境」に対する課題を解決しようとしている企業に入社したいという明確な思いがありました。そんな時に受けたギノは、「日本のITエンジニアを世界レベルに引き上げる」というビジョンを掲げており自身の考えととても近く感じたことと、開発における裁量も大きいということから、ギノヘの転職を決意しました。

一番のやりがいは、自分達ITエンジニアの環境を良くするためのサービスを作れていることだと思います。毎日誇らしい気持ちで仕事に取り組めています。
とはいえ、さらに実現したいサービスはたくさんあります。まだまだスタートアップの少数精鋭なので優先順位をつけながらやっていく必要があって、その点は悩ましいのですが……。その分サービスの企画段階から携われたり、インフラからサーバサイド、フロントエンドまで多岐にわたって携われたりと、スキルアップできているなという実感がありますね。
自身の成長はサービスの成長にも繋がると思いますので、そういった面もやりがいとなっています。

paizaのサービスをもっと成長させる

プレイングマネージャーとして、メンバーのサポートやマネジメントと開発もやりながら、サービスとしても、チームとしても共に成長していきたいと思っています。
paizaのサービスをもっと成長させることが、ITエンジニアの活躍の場を広げることにつながると確信しています。
その結果、日本が世の中を活気づけるようなITサービスをどんどん生み出せる国になること、それが自分たちのゴールだと思っています。

ギノは、周りの人たちの意見を尊重して聞き入れつつも、しっかり自分の意志を持って決断し、最後まで遂行できる人が活躍できる場だと思います。
逆に、裁量があるからといって人の意見を聞き入れない自分勝手な人や、意思もはっきりせず自分で決断するのが苦手な人は活躍できないのではないかと思います。

Pickup Contents